2009年1月31日土曜日

節約とお小遣い稼ぎ

先日、お昼ご飯を食べていたときにふと思いついたのです。ホームページを持っているとアフィリエイト収入が入ってきますが、持っていない人は当然もらえない。損ですよね。だから代わりに提供してあげてはどうかと思い、そういうページを立ち上げました。事前に登録してくれた人が、私のページを通して何か購入すれば、報酬を還元する制度です。

興味のある方は更新ページへどうぞ。スイスと全然関係のない話です、、、、。

http://www.passo.biz

2009年1月29日木曜日

文化の差!?

同僚と3人でマクドナルドへお昼ご飯に行きました。ビックマックセットとフィレオフィッシュを単品で頼み、席で待っていたところ、フィレオフィッシュまでセットで来てしまいました。お金を払っていないので当然、「頼んでいないよ」と英語で言ったのですが、そのまま置いて言ってしまい、ふとサービスなのかな?と思ったのですが、同僚に「これサービスかな?」と聞くと「間違いだよ」というのでどうやら通じていなかったことが分かり、返しに行こうとしました。

ところが、同僚のうち1人が「ちょっと待て」と言います。「俺が言ってやるから」とか言っているのですが、どうやら彼はそれを食べたかったようで、なかなか店員を呼ばないのです。そして挙句の果てに「どうせ返しても奴らは捨てるだけだから食べたほうがいい」とかいい始めたのです。

私は、「じゃあ、間違えだということをきちんと言って、彼らがこれをくれるといったら食べればいいんじゃないのか」と言いましたが、彼は不服そう。でも店員を呼んで、なにやらイタリア語で言った結果、店員は持ち去って、捨ててしまいました。彼は、本気で残念そう。そして、「ほら捨てるんだから食べたほうがよかったんだよ。」とか言ってます。

はじめからすぐに間違えだと言っていれば、彼らは捨てずに済んだと思うのですが、もう1人の同僚に「日本だとすぐに返しに行くと思うんだけど、どうなの?」と聞いたら「そうしたほうがよかったね。」とのこと。そう答えた彼はスイス人、食べようとしてた彼はイタリア人。国籍を背景とした文化の差なのか、貧富の差なのか、それとも人格の差なのか、なんだかわかりませんでしたが、自分としてはなんだかいやーな気がしました。

2009年1月25日日曜日

英語学習方法 

私の英語学習方法を公開しました。たいした英語力ではありませんが、英語をあきらめてしまっている大部分の方には参考になると思います。学問に王道なしです。毎日単語一つでもいいので覚えればそれは一歩前に進んでいることに他ならないと信じます。

ある日突然ペラペラになるのか、今のところそんなことはなさそうな気がしています。私も振り返れば、かなり英語能力があがったなとは感じますが、日々の学習では本当にこれで大丈夫だろうかと不安になることもあります。しかし、きっと一歩一歩進んでいるのだと思います。あきらめることは一歩も進まないこと。一緒に頑張りましょう。

メインサイトは 、http://www.passo.biz/
更新した部分は、http://www.passo.biz/zakki-english-italian.htmlです。

ブログランキングに参加しています。ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

2009年1月22日木曜日

スキーへ行ってきました。(PILA アオスタ)


アオスタと言う街の裏にあるPILAスキー場へ行ってきました。初めてのイタリアでのスキーです。今までイタリアへは自動車で行くのがなんとなく怖かったので避けていたのですが、友人と勢いで日帰りスキーに往復5時間以上かけて行ってきました。

PILAスキー場からはモンブラン(イタリア側なので、モンテビアンコと言うべきと同僚に言われてしまいました。)やマッターホルンも見えて景色が最高でした。もちろん、言うまでも無くパウダースノーで、スキー場も広いため上手くなった気分で滑れました。ゲレンデ食もまあまあです。日本のスキー場のラーメンやカレー、夜の温泉や寿司、ビールがとっても懐かしくなりましたが、まあそれも景色と雪質のよさでカバーです。 泊りがけで行けば、ゆったり優雅にもっと楽しめたかと思います。

お泊りの方は、
メインページ http://www.passo.biz/ のホテル宿泊予約ページから予約が便利です。PILAスキーのより詳しい情報については、現在新規ページ準備中ですので、しばらくお待ちください。公開前でもお問い合わせにはお答えできる範囲でお答えします。

ポチっとよろしくお願いします。
人気ブログランキングへ

2009年1月20日火曜日

ブログランキングへ参加

人気ブログランキングへ

ブログランキングへ参加してみました。気合を入れて更新します。

駐在日誌移管開始

ホームページ記載の駐在日誌をブログへ移管開始しました。近いうちにこちらへ統一します。

また、ホームページのトップページを変更しました!ご意見ご感想お待ちしています。

メインサイトは
http://www.passo.biz です。

2009年1月13日火曜日

外人の働き方!?

今日もお約束のようにリマインドメールを同僚にしてみたところ、珍しく返事がすぐに返ってきました。ところが、「他の○○に聞いてくれ」とのこと。

一見、担当外ならばそうとしか言えないような気もする話ですが、違うのです。

10月に彼に依頼し、それ以来、何度もリマインドし、ちょっと待ってとか言われていたのですが、この段階で「おれ担当じゃないから、。」これはスイス人の働き方的にはありなのでしょうか、、、、。信じられません。叱る気力も無くなりました。

もちろん、叱ったところで問題解決にはならないのですが、どうにかしたいところです。彼の上司から叱らせたい若しくは、彼の上司に彼の態度を認識させたいところなのですが、彼の上司は私と共通の例のダメ上司。まあダメダメコンビで、お似合い、なんて言ってられません。駄目な上司に駄目な部下、救いようがありません。しかも社会人としての基本的動作ができない二人。致命的です。

これが普通の会社なら私が注意しても意味があるのでしょうが、こちらでは通用しません。日本人としては、親会社からの出向者から注意されたら暗黙の了解で従おうかななんて思うのかも知れませんが、こちらではそんな暗黙の了解は通じませんので、私の立場は現地採用の人と変わりませんし、それがたまたま日本人だっただけなので、注意しても指示しても関係ないのです。そのうち偉くなることがあれば(偉そうなこと言いますが、)、教育してやろうと心に誓いつつ、とりあえずクレームするだけしてみました。もちろん効き目は、、ご想像にお任せします。

2009年1月7日水曜日

グリンデルワルトへGO

昨年末、スキーをしにグリンデルワルトへ行きました。日本人には有名なリゾートで、アイガー北壁という絶壁を見ることもできますし、ユングフラウヨッホというヨーロッパでもっとも標高が高いと言われている鉄道駅にも行けます。

ところがこのグリンデルワルト、お約束のようにイタリア語案内が無いのです。一応スイスの公用語なのですが、登山電車での観光案内放送も日本語はあったのに!イタリア語はなかったように思います。それもそのはず、同僚のイタリア人と年末どっか行ったの?なんて話をしたときにグリンデルワルトと言っても誰も知らないのです、、、。昼ごはんを食べているレストラン中で大騒ぎ。「誰かグリンデルワルドって知ってる!?」なんて言って店中大騒ぎしてました。流石に本物のスイス人は知っていましたが、彼はドイツ語圏の人間でしたので、例外です。

2009年1月5日月曜日

言葉の壁!??

先日、同僚との会話です。日本の自動車メーカー、トヨタやホンダ、スズキは日本人創業者の名前だということを話していました。ヨーロッパでも日本人が名称に「さん」をつけるということはよく知られていて、こちらの人間は日本人をよぶときは○○さんと呼びますし、自分たち同士でメールするときもファーストネームにサン付けしたりしています。そして、トヨタは豊田さん、ホンダは本田さん、スズキは鈴木さんというように説明し、「ああー、わかった。」と納得した同僚は、「ニッサン」もあるねーと、、、、、、!?ニッサンのサンはプロダクトとかそういう意味のサンだよと説明してみたものの、発音の違いを聞かれ、同じだと説明すると完全に「????」のようでした。日本語って難しいですね。

2009年1月1日木曜日

年頭所感

みなさんあけましておめでとうございます。今年も頑張ってホームページを更新していきたいと思います。海外生活も早1年6ヶ月。あっという間に時は過ぎていきます。世界的不況の中、自分も力量をあげていかなければ会社で生き残れないですし、会社に依存しない生活は夢のまた夢です。常日ごろ、会社をいつでも飛び出す実力を磨いていかなければと思います。

希望は希望として、今年1年間自分でどういう目標を自分に課すべきか、大きな目標は自分で考えられるのですが、仕事のほうが悩みです。営業マンの頃は、数値目標が理不尽なくらいありましたが、今は全くそういうものもなく、こちらの人は日本人のように改善が好きではないというか情報の共有化がそもそも嫌いなので、共有されない業務に関しては口を出しようもなく、もちろん口を出すような立場でもないのですが、黙っているのは苦痛というのが本音です。

今現在の私は、自分の仕事を限定してしまえば、非常に楽なポジションです。特にこれといった権限もなく、はっきりいって暇です。日本からの依頼すら残念ながらまともに返答する権限はなく、トランスレーターであると言っても過言ではないでしょう。但し、どうもこのあたりの理解の違いが大きいようで、とっても息苦しいです。

今年、会社で何をしようか、どういう影響力を行使していこうか、非常に悩ましいところです。権限がないながらも完遂しなければならないこともあるので、これからは悪口は抑えつつも、上司に督促メールを送るときは、上司の上司をCCに入れてやろうと考えています。

なんと、今の上司は私からのリクエストを8月から放置しているような奴です。いいんですよ、私は。所詮あなたの部下ですから。でも、最終的にはあなたの責任でしょ?それとも回答をもらわない私の責任!?普通は、言わなくても日本人でなくても、自分がトップで部下から確認を求められているしかも8月から複数回リマインドされているならわかると思うのですが(メールプラス口頭で)、どうやらこの上司ボケているのではないかと、最近疑っています。この前、リマインドメール読んでくれたと思うけどと話に行ったら、なんだっけそれ?とか言ってました。わざとに見えません。健忘症?危険です。

困った上司も色々見てきましたが、このパターンは初めてです。しかもこちらのファイナンス部門のトップなのでそれを注意する人がいない!部下はみんな見抜いてますが。それでもいっぱい給料もらってるのはうらやましい限りです。私なら今の給料プラス5百万円くらいと専属アシスタント1人つけてくれたら(それでもかなりの人件費削減のはず)その人の控えめに1.5倍はアウトプットが出せると思います。少なくとも今滞っていることは流れ始めますからこれは自信過剰ではないと思いますが、、、、。

まあ人は他人の悪い部分は、よくわかるものです。いざ自分となるとさてどうだか。

昨年の今頃も何ができるのか、何もできないのか悩んでいました。今年も1年それで過ぎてしまうならそれはがっかりです。なんとかこのお馬鹿なCFOを動かしていきたいと思うのですが、とある本に、「所詮上司は動かせない」とか書いていました、、、、。上司を動かすというのは幻想だそうです。うまく使う方法はあるかも知れませんが、どこか態度に軽蔑している姿が見え隠れしているのかも知れません。気をつけます。そしてアドバイスどなたか下さい!