2009年10月31日土曜日

スイス観光 チェントバッリ鉄道 

スイスティチーノ地方日帰り観光に行ってきました。当家からは近くていつでも行けたはずなのですが、ようやくの観光です。




本番のチェントバッリの前に、”少しだけ有名なBellinzonaベリンツォーナの朝市”に寄って来ました。

こちらでの市はだいたい、衣料品か野菜かチーズかハムかオリジナルワインやジャムといった感じなのですが、コンゴ出身の方が揚げパンのようなものを売っていたので食べてみました。なかなかおいしかったです。こちらの人も買ってました。日本のたこ焼き屋をすれば結構はやりそうな気がします。


お昼前だったので、食事代わりに鳥の丸焼きを買ってみました。なんとたったの14CHF。ちなみにこの手のお店はこちらではよく見かける普通の店なのですが、初めて買いました。油がのっていてすごくおいしかったです。


そしてベリンツォーナから1時間、ロカルノの西チェントバッリへ。初めてのスイス旅行で行くような場所ではありませんが、鉄道大好きな方や、スイスが大好きな方にはかなり有名な場所です。観光宣伝で見るような有名な写真と同じような写真が自分で取れます。





ここからスタートです。ちなみにチェントバッリとはイタリア語で百の谷という意味です。イントラーニャという駅から徒歩10分くらいの場所です。




少し霞がかっていましたが、紅葉がとてもきれいでした。紅葉の中をつき進んでいきます。


有名な風景です。CAMEDOカメドの駅から徒歩10分程度Locarno側へ戻った写真です。



自動車で行かなければ取れない写真です。しかも車を止める場所が近くにありません。かなり歩いて戻りました。


途中、ロープウエーで谷の反対側の山の上の町へ立ち寄り、コーヒーをのんで帰ってきました。あいにく天気が悪くいい写真はあまりとれませんでしたが、天気がよければかなり遠くの山まで見えるようです。隠れ里のような町でした。素敵な家が建っていました。



メインページは http://www.passo.biz/です。スイス観光やヨーロッパ観光の情報入手は当ページからどうぞ。レンタカーやホテルの予約もできます。



2009年10月14日水曜日

オランダ観光 ザーンセ・スカーンス 風車の町


土日を利用してオランダ観光行ってきました。初日は空港で妻と合流して、アンネの日記で有名なアンネの家へ。10年前にもオランダに行きましたが、こんなところにあったなんて知りませんでした。そして翌日は、ザーンセ・スカーンスという風車で有名な町に、現地ツアーで行ってきました。中途半端に電車などで自力で行くよりも現地ツアー参加のほうが楽で、効率的です。お勧めです。ガイドさんは、英語、イタリア語、スペイン語、オランダ語、たぶんドイツ語も話せるマルチリンガルですのでお好きな言語でどうぞ。イタリア人、スペイン人の参加が多かったです。
自家用車やレンタカーでも簡単にいけると思いますが、観光でオランダに行く人は、現地ツアーが楽で安いと思います。
風車の町では、なぜかセネガル人の方々と写真をとって見ました。なんと一番右の方、日本の宮崎大学に6年間通っていたそうで、日本語ぺらぺらでお辞儀までされてしまいました。
風車の中まで入れます。靴作りやチーズ作りなど、見る場所は結構ありますのでオランダ観光の際は、お勧めの場所です。
そのうちサイトでもアップします。オランダ、アムステルダムのホテル予約はこちらのサイトからどうぞ。