2010年2月11日木曜日

フィンランド サーリセルカ オーロラツアー 1日目

久々にまともな休日を取り、フィンランド(Finland)のサーリセルカ(saariselka)に行ってきました。ミラノ(Milano)のマルペンサ(Malpensa)空港からヘルシンキ(Helsinki)へそこから国内線でイヴァロ(Ivalo)まで、そしてサーリセルカのホテルに家から約9時間で着きました。

朝9時、家の前まで来るはずのタクシー、来ない、、、、、、。どうやら会社同僚が頼むのを忘れていたらしく(この人2度目です。まあ安い給料なのでしょうがないかも知れませんが、不思議とボスの受けはいいようなので少し問題です。)、30分待ちぼうけ。結局自分の運転でいくことになりました。もちろん忘れている可能性を考慮して少しはやめの時間に設定していたので問題なし。でも思えば、悪夢はここから始まったのかも知れません。

ヘルシンキからイヴァロへの飛行機の中で隣のおじさんと少し話をしました。なんでも昔、東洋タイヤで働いていたらしく、妙に日本のことに詳しかったです。今はフィンランド人の奥様がイヴァロにいるので普段はドイツとベルギーで働いて今回はイヴァロの家にイースターまでゆっくり滞在するそうです。おいしい食べ物はトナカイ肉や魚がおいしいと教えてもらいました。

この飛行機、なんと日本人だらけ。日本語の案内放送までありました。サーリセルカにみんな行くのでしょうが、みんな裕福ですね。時間もお金もあって日本からわざわざこんなど田舎まで行くなんて。

空港へ到着後、妻の荷物を取り、自分の荷物を、、、、、、、、、、、出てこない、、、、、、。なんと自分も含め15人くらいがロストバゲッジ(lost buggage)。メモを書き、フィンエアーからお土産?をもらいとりあえずホテルへ向かいました。

初日は晴れていましたが、オーロラは見えず。すぐに寝ました。


感動のクライマックスまであと4日!

0 件のコメント: