2010年3月6日土曜日

スイスの治安 ティチーノ州 ルガーノ 事件

今日のニュースです。久々にティチーノのニュースらしいニュースを見つけました。

「ティチーノ州の警察と国境警備隊はギャングを捕まえ、数百の盗品を押収した。その中には、ナイフ、ゴルフクラブ、武器、靴、服、時計があり、300,000CHFを超える価値のものがTicinoのゴルフクラブや店から盗まれていた。

ルガーノに住んでいる3人のセルビア人の男が違法な商品と関連して逮捕された。警察はまだ犯罪を調査している。」

原文を載せると著作権の問題がありますので、日本語の訳文のみで我慢してください。本当は訳文のおかしいところも指摘頂けると自分の為にはよいのですが。

スイスも他国との往来がだいぶ簡単になってきましたので、こういった事件が起きやすくなってきたのかも知れません。ただし、未だに体感的には治安は隣国イタリアと雲泥の差があります。

そもそもルガーノに住んでいるだなんて金持ち!。と思いますし、住むのにPermitが無ければ家も借りれない気がします。同国人どうしでそういった融通を利かせているのかもしれませんね。

つい最近のことですが、当家の上の方の階に難民が勝手に?住んでいて逮捕されるという事件がありましたので、結構普通のことなのかもしれません。

スイスは難民やお金のない人には非常に住みにくい国だと思います。野宿したら逮捕されるし、冬は寒いし。なんでわざわざ難民がスイスまで来るのか理解に苦しみます。イタリアの方が暖かいし、仕事もあると思うのです。スイスは天国ではありません。なんてコマーシャルをわざわざ発展途上国で流したりしてる国です。難民にとって住みやすいはずがないのです。

ところで最近、急にこのブログやホームページを見て連絡してくださる方が増えてきました。キアッソの話や、近くに移住してきましたとか、語学学校の話などなど、皆様どうぞお気軽にお問い合わせください。答えることができることは限られておりますが、、。世界に広げよう友達の輪です。古いかも。