2012年9月24日月曜日

採用活動

今週は非常に忙しい週でした。色々とプロジェクトがあるなか、業務拡大に備えたリクルーティングをしていましたが、10以上の面接をこなし、いったい誰が誰だかわからない、なんてことはありませんが、印象が残らない人もいたりして、ようやく一人選びました。経験者にするか、アカウンティングの勉強を大学や大学院できちっとしてきた人をとるか、悩みましたがジュニアのポジションなので若い人を10月半ばから採ることにしました。

もう一人の経験豊富な方は、二人目をとる予定はなかったのですが、12月からのスタートで今話を進めています。

大きな会社と違い、一人の影響が大きいので採用のミスはかなり大きな痛手となります。トレーニングをやり直さなければならなかったりと大変ですが、まあ使ってみないとわからないので、これからというところでしょうか。ここにあまり時間を割いていると他のことに手が回らなくなるので、一旦は部下に任せるつもりですが、今後のことも考えて業務の割り振りそのものは私から直接指示をだそうかなと考えています。なんせ、適当な人が多いので、日本と違って自由にやらせているとホウレンソウなんて期待できるはずもなく、あまりその辺りはあてにできないので大変です。

とりあえずこれで一旦採用活動を終えるつもりですが、国籍・言語・性別ともに多様性を確保できました。アジア人が私を含めて3人いるのが多い気がしますが、あとはギリシア、オランダ、カメルーン、イタリア人の国籍構成になります。ひとつの言語に偏ると、部内の会話がその言語に偏る可能性があるので、それを意図的に避けて、人を選びました。もちろん仕事の能力が優先ですが、同じ能力なら違う国籍から選ぶという点を重視しました。

2012年9月1日土曜日

University of Geneva International Marketing ジュネーブ大学 MBA

無事に2年目が始まりました、いきなり3日連続モジュールで大変でしたが、なんとかこなしました。2年目は、specialization といっていくつかのコースから選べるのですが、私は、international Management を選びました。所謂通常のMBAとなりますが、今回はアジア人が一人だったので、やたらと教授が私を指名してしゃべらせようとしたので大変でした。

International Marketing といっても、基本は前年のMarketinngの知識を基に、ケーススタディをこなしたりプレゼンテーションを行ったりという感じでした。移転価格については、やや駆け足だったので、わからない人にはわからないままだったかも知れません。私の場合は、業務ともややかかわりますので、特に問題はありませんでした。

マーケティングリサーチプランの提案、国や文化ごとのリサーチの特徴などを学びましたが、日本というのはヨーロッパ人から見るとかなり特殊なようで、色々と当てられまくりました。