2012年10月26日金曜日

立つ鳥跡を濁しまくりの部下

先日、やめると言った直後に病気になった部下ですが、一応今週は戻ってきました。9月に仕事が見つかったのは偶然かも知れませんが、あきらかに辞める気まんまんだったことが昨日判明しました。

10月にオフィスを締めることは半年以上前から計画されていたことだったのですが、全く準備ができておらず、昨日もコピー機どうしたらいいか?とか突然聞かれました。おい、おそすぎるぞ、あと1週間ないのに、、、、。即リース会社に契約書の内容を確認させて、買い取るしかない契約だったことがわかったので、それをそのままオランダに送ることにしました。

他のオフィス家具等も行き先が決まっていないものが多々あり、いちいちひとつづつ指差し確認状態です。お前は子供か!

散々、高い給料をもらい、しかもオランダでのポジションも約束させられた上での、突然の退社通告。まあ、辞めることはあるのでかまいませんが、せめていままでやることをやってたら、という感じです。つまり全くオランダに来る気はなく、全部ほったらかしにしておこうという魂胆があったということだったんです。

今日もなんかコンサルタントのわけのわからん会議に出席したいとか言っていましたが、拒否です。それは当社の従業員として呼ばれたのであって、個人で呼ばれたのではないからです。やることをまずやれと。

来週に至っては、月末はもうこれないとか、月曜日は病院に行かなければならないとか、おいおい、そしたら今日その会議に行っていたら、いつお前の仕事を引き継ぐのだ!という感じで、立つ鳥後を濁しまくりです。Google翻訳されたら何を書いたかばれてしまう可能性も否定できませんが、二度と戻ってこなくていいです。お昼ごはんの時は、スイスにまた子会社を設立することがあったら呼んでほしいとかなんとか言っていましたが、まあこんな辞め方をしたマネージャーを呼び戻すことなどあるわけも無く、むしろオランダに来てもらわなくてよかったと今は思います。

2012年10月22日月曜日

学歴差別は差別?

学歴差別という言葉を日本ではよく聞きます。ヨーロッパではどうか、ご存知でしょうか。

突然こんなことを書き始めたのは、最近採用活動を行っていたこと、そして今度はマネージャークラスの人間を採用するのに今、JOB description 等の記述を行っているので、この問題から離れられないためです。

そもそも、学歴差別ってどういう意味なのでしょうか。学歴で差別してはいけない?どうして?学歴は自分で作り上げたもの。区別ではあっても差別ではない気が昔からしています。残念ながら私自身は東京大学や京都大学等の有名大学を出ていません。しかし新卒時の採用活動時に、仮に違う扱いを受けたとしても納得したと思います。

人種差別。これは駄目です。
性差別。これも駄目です。
生まれた地域による差別。意味がわかりません。もちろん駄目です。
学歴差別。同じ問題として扱ってよいのでしょうか。。差別がいけないのは、自分で変更できないことを理由にしてしまうからではないでしょうか。

新卒の人間を採用するときに、唯一わかる客観的な指標は学歴です。何を学んだのか、どこの大学で学んだのか。大学はどこの大学なのか。Diploma millではないかどうかはチェックします。人物本位なのは当然ですが、同じ印象を持った場合、当然学歴がよいほうが採用されます。なぜなら受けた教育というのは大事だからです。特に経理・財務の場合、会社は学校ではありませんので、ある程度基礎的なことを理解している人間を雇うことが前提になります。これは学歴でしか判定できないのです。テスト等をするということも考えられますが、本当にできる人は、そんなことをしている間に、他の会社に取られてしまいます。

日本の大学の問題は、大学に入学後、ある程度勉強していれば卒業できてしまうことです。スイスの大学に関して言えば、学生はかなり勉強しています。最初の3ヶ月で脱落してしまう人も多いようです。

学歴で勝てない人は、他のことで勝負するしかないと思います。例えば、その大学を首席で卒業するとか。これはかなりのインパクトです。

先日、新卒の人が面接に来た際、当然職歴は無いわけですが、その人は某国の大学で優秀な成績を取った結果、オランダの修士課程に無料で授業を受ける権利を得て、上位15パーセントの成績で卒業したとのことでした。即採用とはなりませんでしたが、大きな会社でなくてもこういう人が面接に来るのです。

これから、日本はいやでも人口減少、仕事の流動化(転職が増える、仕事が固定化されない、終身雇用の崩壊)等があるなか、仕事を見つけるには、海外へ出て行くことも選択肢に入れなければならないと思います。逆に海外から前述の優秀な人たちが流入してくるので、それに備えなければならないと思います。学歴差別だなんていってる場合ではありません。どうやって履歴書を磨いていくのか、これを考えなければならないと思います。

国際化なんて必要ない、海外の人を受け入れる必要がない、という方がいらっしゃいますが、それはつまり、低賃金社会、高齢化、社会保障減少を受け入れるということに等しいと思います。なぜなら、世界に扉を開かなければ、世界が日本に扉を開いてくれない時代がそこまで来ているからです。日本だけ利益をとる、そんな都合のいいことは許されなくなると思います。豊かな生活を送りたければ、日本国内だけで学歴を競いあっていても仕方がなくなると思います。そもそも日本の大学なんて知られてませんし、大学院を出れば、どこの大学を卒業したかなんて本当は関係ありませんので。

いい学歴の人は、大企業に行きたがる傾向が強いので、そうでない人は、そうでないところでいち早く管理職になり、管理職として転職してしまえばいいのではないでしょうか。大企業だからいい、という時代はもう終わりに来ていると思います。私も大企業が好きでしたが、、。’

University of Geneva MBA CSR Corporate Social Responsibility ジュネーブ大学

授業があったときは、何か書こうとはじめのころは思っていたのですが、やや挫折気味です。今回は、少し授業の内容にも触れたいと思います。3日間の授業でした。

今回の授業がいつもと少し異なったのは、プレゼンテーションの準備を授業の前にグループワークとして与えられたことです。他にも色々なAssignmentがあるなかでのグループワークは大変でした。途中アメリカに出張したり、他のメンバーがインドに出張したりで、時間をあわせることができず、時間の制限とともに中途半端なスライドとExecutive Summaryの提出となりました。

本番のプレゼンテーションは、準備はしたものの、振り返ればやや早口で話してしまい、舞い上がっていたように思います。事前に自分で録音した内容を聞くと、英語のまずさにがっかりしました。まだまだ勉強しなければいけないと思い知らされました。

授業の内容ですが、今回はCSR、企業の社会的責任と日本語では訳されますが、あまり興味もわかず、プレゼン作りが大変だったことをまずは述べておきたいと思います。ビジネスに対する色々な考え方をまずはテキストで予習してからの授業参加でしたが、わざわざCSRなどというカテゴリーを作る必要があるのか、最後まで疑問のまま終わりました。

ガバナンスや倫理規定、環境問題、コミュニティーとのかかわりなど寄付行為以上のものがこのCSRの概念に含まれることは理解しましたが、社会的責任なのか、と言われればそうでないと思います。社会的責任だったら世界は平和になるのになあ、というのが正解な気がします。やはりビジネスはビジネス。有名な言葉に、Business of business is business. というものがありますが、賛成です。但し、このCSRの活動が結果的に企業にとって利益となりえるからこそ、みなこの活動をするわけで、それを社会的責任か言えるのかはかなり疑問です。そう呼びたい人はそう呼べば言い訳で、何かヨーロッパの正義、倫理観等々を押し付けられている感じが好きではないです。正しいことを行うべきだ!というのはわかりますが、それでは、誰が何が正しいことかを決めるのか。この点について、キリスト教の影響が大きいヨーロッパ文化圏の一神教からくる正義、経済的な先進国が多いことからくる傲慢さが、このCSRに含まれているように感じます。

授業そのものは、非常にOrganizeされていて、ゲストスピーカーも話がうまいひとで非常によかったですが、内容には最後まで納得行きませんでした。

2012年10月8日月曜日

アメリカ出張 時差ぼけ

今日からアメリカです。オランダの家を朝7時半に出発、サンフランシスコにお昼に到着しました。オランダはマフラーが必要なくらい寒かったですが、サンフランシスコは結構暖かいです。

ホテルに到着後、大学の宿題を開始。グループワークもあるので、たまたまSKYPEで接続してたクラスメートと一緒に勉強しました。こっちは時差ぼけ、向こうはスイスなので夜中の1時、お互い眠い目をこすりながら勉強しました。

今はオランダで朝三時、ここは18時です。もう少しだけがんばって起きて、寝ようと思います。経験的には西行きのほうが時差は調整しやすいです。

2012年10月6日土曜日

部下が入院

スイスの部下が突然入院しました。彼はスイスからオランダに連れて行く予定だったのですが、家族のこともあり、急遽とりやめ。そして取りやめた直後に病気で入院してしまいました。

急遽とりやめたのかどうかはやや疑問がありますが(本人は2-3週間前に昔の仕事の同僚から仕事の紹介があったといっていますが、、。)、病気のほうは本当で1週間以上入院しています。本来は彼がオランダに来次第、彼の仕事のバックアップを育てるつもりだったのですが、このタイミングで病気なので、なんのバックアップもなく、私が直接彼が担当していた決算作業をすることに。普段の教育がわるかったせいで、残してあるファイルの整理が悪く、やたらと時間がかかってしまいました。

この10月半ばからもう一人追加で雇用しますが、早めに採用活動をしていてよかったと思います。